おざわどうぶつ病院おざわどうぶつ病院

おざわどうぶつ病院TOP >> 診療案内

診療案内

当院では、動物にとって一番の看護師である飼い主さんとのコミュニケーションを大切にしています。しつけから、ちょっと気になることでもかまいません。お気軽に、ご相談ください。
当院の特徴としては、眼科・皮膚科の診療になります。


眼科

眼底カメラ、スリットランプ(細隙灯)、眼圧計、涙液試験などを使用し、細かく検査していきます。検査に関しては、お時間が必要な場合がありますので、お預かりさせていただくこともありますのでよろしくお願いします。


角膜潰瘍(眼の傷)

角膜潰瘍(眼の傷)

これは、傷を染める染色液で染めたときの写真です。きれいに、丸く黄緑の蛍光色に染まっているところが、傷のあるところです。わんちゃん、ねこちゃんが眼をショボショボさせてる時は、早く診察を受けに来てくださいね。

さかまつげ

さかまつげ

眼が涙が多いんですけれど?よくある質問です。よーく見るとこんな具合にさかまつげが生えていることがあります。なかなか肉眼でも気付かないこともあります。
白内障

白内障

年を重ねていくにつれ、少しづつ進行する場合と、急に白くなる場合があります。一度、よーくわんちゃんの眼を見てくださいね。
眼底

眼底

眼の奥です。ここは、写真を撮らないと評価することがなかなか難しいです。丸く見えるのが視神経です。わんちゃん、ねこちゃんの眼底は、明るい領域と暗い領域があります。眼底はその子その子によっていろいろです。明るい子もいれば、暗い子もいます。
網膜はく離

網膜はく離

眼の奥、眼底の写真で、カーテンレース見たいに白く、映っているところが、網膜がはがれているところです。時には、出血をしたり、眼圧の高くなる緑内障を併発してくるので注意が必要です。
義眼

義眼

緑内障など、視力を失ってなおかつ眼の痛みが続く場合に、シリコン義眼を入れる手術をします。外観も保たれるため、オーナー様の心のケアにもつながります。
皮膚科

人と同じで、わんちゃん、ねこちゃんも皮膚のデリケートな子が増えています。体に優しい治療をすすめています。


食事療法

食事療法

アレルゲンになりやすい成分を除いたフードや、アレルギー反応を起こしにくいようにたんぱく質を加水分解したフードなどを各種取り扱っています。お試し用のサンプルもご用意しています。

シャンプー療法

シャンプー療法

シャンプーはとても大切な皮膚病治療法のひとつです。皮膚の状態によって、適切な薬用シャンプーを選択いたします。ご自宅での効果的なシャンプーのコツもお伝えします。
保湿・サプリメントによるスキンケア

保湿・サプリメントによるスキンケア

近年、皮膚のバリア機能を守ることが、皮膚症状の管理に重要なことがわかってきました。健やかな皮膚の維持に必要なセラミド、脂質を配合した保湿剤やサプリメントをご用意しています。
インターフェロン

インターフェロン

体の免疫力を上げることで、症状の緩和を目指すお薬です。アトピー性皮膚炎のわんちゃんに効果が認められています。病院での注射による投薬となります。
アレルギー検査・減感作療法

アレルギー検査・減感作療法

どの成分にアレルギー反応を起こしやすい可能性があるかを検査するアレルギー検査や、アレルゲンに対する減感作療法も積極的に行っています。お気軽にご相談ください。
外科、整形外科

腫瘍、骨折などレーザー、電気メス、電気ドリルなどを使用して、行っています。手術においての全身麻酔は一番気を使います。すべて当院は一番安全な吸入麻酔を行なっています。高齢、基礎疾患のある子には、一番負担の少ない、セボフルレンという麻酔を使用しています。

腫瘍科

高齢化により、腫瘍疾患も増えています。飼い主様と協力しながら、外科手術や抗がん剤を一緒にがんばっていきましょう。また、提携病院でのCT・MRI撮影、大学病院での放射線治療の紹介も積極的に実施しています。

内科

糖尿病、ホルモン疾患など、全身ケアーをしながら治療していきましょう。ねこちゃんの腎不全は、飼い主さんの協力でずいぶん、長生きできる子がふえていますので、早めの検診をお勧めします。

しつけ・問題行動科

お散歩やトイレなどの一般的なしつけから、咬み癖や分離不安症などの深刻な問題まで、専門のトレーナーへの相談も含めて積極的に取り組んでいます。